植物の環境感覚:刺激受容から細胞応答まで - 文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究 平成22年度~26年度

第3回ワークショップ
「フェムト秒レーザーを用いた植物細胞のマイクロプロセス講習会」

ご案内

************************************************************************
日時:平成24年4月12日(木)10:00~18:00
場所:奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 E401号室
参加費:無料
************************************************************************

概要

 近年、レーザーの安定性と操作性が飛躍的に向上しており、10年前では専門オペレーターがいないと作動しないと言われていたフェムト秒レーザーすらワンスイッチで駆動できるようになっています。そのようなフェムト秒レーザーを物質に集光したときにみられる特有の現象(多光子吸収、機械的アブレーション、衝撃波発生など)を利用した材料加工技術が注目されており、金属・半導体分野においては、その特質性を活かした加工技術についての研究・開発が盛んに行われています。それにもかかわらず、細胞や生体組織の微細加工への応用例、特に植物細胞や組織への応用例はきわめて希です。本講習会では、新学術研究領域「植物の環境感覚」に関わる研究者・学生を対象とし、植物研究の現場で用いられている試料をご持参いただき、フェムト秒レーザーによる植物細胞加工を実践し、体験いただこうとするものです。無論、実験見学のみの方も大歓迎です。皆様のふるってのご参加をお待ちしております。

 また、翌日13日には、当研究室が現在共同研究を実際に進めている外科病理、発生生物学、細胞工学、植物学の先生方および研究をサポートして頂いております企業の方々を講師としてお迎えし、「長短パルスレーザー細胞プロセス研究会」を開催いたします。案内ポスターをご持参の上、合わせてのご参加をお待ちしております。

本ワークショップで行うデモンストレーション

●植物組織の切り出し、加工

●蛍光共焦点顕微鏡で観察しながらのフェムト秒レーザー細胞内加工

●レーザートラッピングによるオルがネラのマニピュレーション
→当研究室ではレーザートラッピングにより葉緑体などのマイクロサイズの物体を非接触に捕捉する技術も有しており、それについて紹介します。

スケジュール(4月12日)

10:00-11:00 講義:フェムト秒レーザー技術の基礎、なにができるのか?

11:00-12:00 研究室見学

12:00-13:00 昼休み

13:00-18:00 レーザーによる細胞加工・操作実験

18:00-20:00 夕食(参加希望者に応じてアレンジ)

試行実験の募集

 試料をご持参いただけましたら、その試料に対する試行実験を行います。下記の主な実験設備を参考の上、試行実験をご提案下さい。主な実験設備を下記に記しますのでご参考にしてください。4月9日~11日を実験予備日とし、難易度の高い実験、守秘性の高い実験、また12日のご参加が難しい方に対応させていただきます。多数の応募をいただきました場合、誠に恐れ入りますが、先約順でスケジュール調整を行わせていただきますので、早めのご連絡をお願い申し上げます。

主な実験設備

● レーザー導入蛍光顕微鏡(いずれもGFP用で488nm励起、510nm以上の蛍光検出可)
  蛍光倒立顕微鏡×1、蛍光正立顕微鏡×1、蛍光実体顕微鏡×1、蛍光共焦点顕微鏡×1

●生理学実験設備
  植物用インキュベーター、CO2インキュベーター、クラスⅡクリーンベンチ、-80℃・-20℃冷凍庫、4℃冷蔵庫、オートクレーブ等

申込み方法

 下記にある必要事項をメール本文中にコピー&ペーストしてご記入いただき、 にて、お申し込みください。

 試行実験をご希望の方は内容を簡単に記載の上お申し込みいただきますと、別途ご連絡差し上げます。3月30日までに申込み下さい。

●ご氏名・ご職名(複数名記入可):

●ご所属:

●新学術領域における代表者名:

●電話番号:
●メールアドレス:

●「超短パルスレーザー細胞プロセス研究会」(4月13日)への参加: 
参加 or 不参加
→参加希望の方:4月13日18:00から懇親会を開催します。
懇親会への参加:  参加 or 不参加

●宿泊希望: 
 →奈良先端大キャンパス内にゲストハウスがあり、3000円/泊でご宿泊可能です。宿泊希望の方は希望日程をお教えください。(試行実験希望の方は改めてご相談させていただきます。)
有 or 無
宿泊希望日:  月  日(Check in) ~  月  日(Check out)

●試行実験の希望:  有 or 無
→実験希望の方:
守秘性:  高い or 低い
予備日の予定(来学可能な日程を選択してください):
9日・ 10日 ・11日・ 12日
実験内容(実験の内容を簡単にご記載ください。詳細については改めてご連絡差し上げます。):                                                                                                                                                           

連絡先

************************************************************************
奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科
環境フォトニクススーパー研究グループ グリーンバイオナノ研究室
特任准教授 細川陽一郎
〒630-0192 奈良県生駒市高山町8916-5
電話番号:0743-72-6199
FAX番号:0743-72-6139
************************************************************************

Copyright ©2010 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「植物の環境感覚:刺激受容から細胞応答まで」