植物の環境感覚:刺激受容から細胞応答まで - 文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究 平成22年度~26年度

公募研究 (平成23年度~平成24年度)

平成25年度~平成26年度の公募研究

研究項目A01:個別刺激応答機構

紫外-可視光波長可変レーザーを利用した植物の紫外光環境感覚に関する研究
研究代表者:日出間 純(東北大学大学院生命科学研究科・准教授)
低温シグナル伝達因子ICE1の活性化に関わる分子機構の解明
研究代表者:三浦 謙治(筑波大学大学院生命環境科学研究科・助教)
植物の匂い感覚メカニズムの解明
研究代表者:東原 和成(東京大学大学院農学生命科学研究科・教授)
光屈性におけるオーキシン調節機構の解析
研究代表者:酒井 達也(新潟大学大学院自然科学研究科・准教授)
二酸化炭素のセンシングと葉緑体内タンパク質移動制御機構の解明
研究代表者:福澤 秀哉(京都大学生命科学研究科・准教授)
細胞場におけるmRNA代謝とタンパク質分解とを統合する環境刺激応答制御機構
研究代表者:柘植 知彦(京都大学化学研究所・助教)
温度環境感覚におけるPIF4制御の分子機構の解明
研究代表者:古本 強(龍谷大学・文学部・教授)
細胞内レドックス変化に対する植物応答機構の解明
研究代表者:多田 安臣(香川大学総合生命科学研究センター・准教授)
気孔の青色光情報伝達の遺伝学的・生化学的解析
研究代表者:武宮 淳史(九州大学大学院理学研究院・助教)
挑戦的な変異体スクリーニング法によるフィトクロムBのN末端領域の下流因子同定
研究代表者:松下 智直(九州大学農学研究院・准教授)
光屈性の生態学的機能を支える分子機構
研究代表者:飯野 盛利(大阪市立大学理学系・教授)

研究項目A02:受容体・細胞応答機構

分解の細胞場としてのオートファジー:その経路と植物老化における役割の解明
研究代表者:森安 裕二(埼玉大学理工学研究科・准教授)
光合成環境感覚としての原型プラスチドシグナル
研究代表者:田中 寛(東京工業大学資源化学研究所・教授)
植物ミトコンドリアのカルシウム知覚と動態のライブイメージング解析
研究代表者:有村 慎一(東京大学大学院農学生命科学研究科・准教授)
RNA顆粒Pボディーを介した環境応答
研究代表者:渡邊 雄一郎(東京大学大学院総合文化研究科・教授)
シロイヌナズナの機械刺激受容体の構造と機能
研究代表者:飯田 秀利(東京学芸大学教育学部・教授)
小胞体品質管理による花粉成熟過程のストレス耐性機構の解析
研究代表者:西川 周一(新潟大学自然科学系・教授)
陸上植物における環境応答機構の普遍性と多様性
研究代表者:河内 孝之(京都大学大学院生命科学研究科・教授)
オーレオクロームによる光情報受容と転写調節機構研究の新展開
研究代表者:久冨 修(大阪大学大学院理学研究科・准教授)
細胞核ダイナミクス解析に基づいた植物細胞の環境感覚システムの解明
研究代表者:松永 幸大(東京理科大学理工学部・准教授)
葉緑体光定位運動を仲介するCHUP1タンパク質の動態制御機構の解析
研究代表者:和田 正三(九州大学・理学系・特任教授)

研究項目A03:『植物細胞場』解析技術開発

発光を用いた植物環境センサーとイメージング技術の開発
研究代表者:綿引 雅昭(北海道大学大学大学院理学研究院・准教授)
ゲノム情報科学に基づく環境応答性プロモーターの動作原理の還元論的解析
研究代表者:山本 義治(岐阜大学応用生物科学部・准教授)
フラビン結合光センサードメインを鋳型とした酸化還元状態感受性蛍光タンパク質の開発
研究代表者:岩田 達也(名古屋工業大学若手研究イノベータ養成センター・テニュアトラック助教)
植物細胞内光機能分子・粒子の空間階層X線イメージング
研究代表者:中迫 雅由(慶應義塾大学理工学部・教授)
環境感覚である葉緑体チラコイド膜の形成機構解明をめざしたモルフォローム解析の提案
研究代表者:永田 典子(日本女子大学理学部・准教授)
赤外線レーザー照射によるシロイヌナズナ単一細胞における遺伝子発現誘導系の開発
研究代表者:浦和 博子(岐阜聖徳学園大学・教育学部・准教授)
Copyright ©2010 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「植物の環境感覚:刺激受容から細胞応答まで」