植物の環境感覚:刺激受容から細胞応答まで - 文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究 平成22年度~26年度

A01 公募研究:個別刺激応答機

細胞内レドックス変化に対する植物応答機構の解明

研究代表者 多田 安臣 名古屋大学遺伝子実験施設・教授 研究代表者ホームページ

研究概要

 細胞内酸化還元状態(レドックス)は、環境刺激を認識すると動的に変動するが、植物はこれを認識し、細胞内シグナルへと情報を変換する。本情報伝達では、S-ニトロシル化やS-グルタチオン化といったタンパク質翻訳後修飾を介して標的タンパク質の活性調節を行うが、我々はこれまでにサリチル酸及びジャスモン酸シグナル伝達においてこれら酸化修飾が重要な役割を担っていることを明らかにした。
 サリチル酸シグナル伝達系における鍵転写補助因子のNPR1は、サリチル酸認識に伴うレドックス変移に応じてS-ニトロシル化され活性化するが、ジャスモン酸シグナルは本過程を抑制的に制御することを示した。本結果は、サリチル酸及びジャスモン酸シグナルの拮抗的相互作用の解明において重要である。また、同ホルモン応答時に発現誘導する全転写因子のレドックス感受性を調査したところ、NPR1のみならずTGA、HSFやWRKYファミリー転写因子等も酸化修飾を受け、シスエレメント認識能に影響を受けることを明らかにした。そこで本研究では、これら転写制御因子の有するレドックス認識能力が環境刺激としての植物免疫応答において、どのような役割を担っているかを明らかにする。本研究により、環境感知因子としての転写因子群を同定・特徴づけ、植物の環境感覚理解のための分子基盤の構築を目指す。

図:概要図

« 一覧へ戻る

Copyright ©2010 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「植物の環境感覚:刺激受容から細胞応答まで」