植物の環境感覚:刺激受容から細胞応答まで - 文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究 平成22年度~26年度

武宮 淳史

2014年度

受賞

  • 日本光生物学協会奨励賞、2014年8月




2013年度

原著論文

  • Takemiya, A., Sugiyama, N., Fujimoto, H., Tsutsumi, T., Yamauchi, S., Hiyama, A., Tada, Y., Christie, J.M. and Shimazaki, K. (2013) Phosphorylation of BLUS1 kinase by phototropins is a primary step in stomatal opening. Nat. Commun., 4:2094.

新聞・報道

  • 科学新聞(朝)2013年7月26日 九大グループ タンパク質「BLUS1キナーゼ」発見
  • 日経バイオテク2013年7月2日 「九州大学、青色光に応答して気孔開口を可能するタンパク質を発見」
  • OPTRONICS 2013年6月27日 「九大、青色光に応答して気孔開口を可能にするタンパク質を発見」

受賞

  • International Symposium on Plant Photobiology (ISPP), Poster Award, 2013年6月




2012年度

原著論文

  • Takemiya, A., Yamauchi, S., Yano, T., Ariyoshi, C. and Shimazaki, K (2013) Identification of a regulatory subunit of protein phosphatase 1 which mediates blue light signaling for stomatal opening. Plant Cell Physiol., 54: 24-35.
  • Harada, A., Takemiya, A., Inoue, S., Sakai, T. and Shimazaki, K. (2013) Role of RPT2 in leaf positioning and flattening and a possible inhibition of phot2 signaling by phot1. Plant Cell Physiol. 54: 36-47.
  • Tsutsumi, T., Takemiya, A., Harada, A. and Shimazaki, K. (2013) Disruption of ROOT PHOTOTROPISM2 gene does not affect phototropin-mediated stomatal opening. Plant Sci. 201-202: 93-97.




2011年度

原著論文

  • Templeton, G., Nimick, M., Morrice, NA., Campbell, DG., Goudreault, M., Gingras, A-C., Takemiya, A., Shimazaki K. and Moorhead, GB. (2011) Identification and characterization of AtI-2, an Arabidopsis homolog of an ancient protein phosphatase 1 (PP1) regulatory subunit. Biochem. J., 435: 73-83.

研究成果のトップへ戻る

Copyright ©2010 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「植物の環境感覚:刺激受容から細胞応答まで」